2019年05月29日

赤尾公選手 田上裕選手 鹿児島を牽引し続ける二人の絆

IMG_8395.jpg

今日は鹿児島ユナイテッドFCのトレーニング取材。

練習後 今週のFM鹿児島SPORTS+用のインタビューを
  田上裕選手 赤尾公選手にさせていただきました。

 前節 明治安田生命J2リーグ第15節 アビスパ福岡戦でJ2初出場となった
   田上裕選手。後半途中から出場となった田上選手の名前がコールされると
    スタジアムは大歓声に包まれました。

 私はその瞬間アナウンス室で、その大歓声を聴き胸が熱くなる想いでした。
   
 そしてその瞬間、同じくアップをしていた大親友の赤尾選手はどう感じていたのか
   どうしても聞いてみたかったのです。

 詳しくはSPORTS+のインタビューを聞いていただきたいのですが
  そのお話はまた私の涙腺をゆるませるお話でした。
    
 二人には とてつもなく大きな絆と友情があります。
  普段は冗談を言ったり、明るくじゃれ合う二人なのですが
    言葉では表せないくらいのお互いを想う熱い想いを感じずにはいられません。

 
  これまでの取材でよくお互いを 
   「昔は嫌いだったんですよ〜」と明るく話してくれることがありました。

 というのも、ご存じの通り二人はその昔ライバルチームのキャプテンを務めるライバルだったのです。

 赤尾選手はヴォルカ鹿児島のキャプテン
 田上選手はFC KAGOSHIMAのキャプテンであり 一時は監督をも兼任していました。
 
話は脱線しますが
  私はよく色々な方から「マッキーはヴォルカ側だったもんね〜」と言われます。
 (今日もお二人とその話になったのですが(笑))
 それもそのはず 私はヴォルカ鹿児島が九州リーグ時代 MCのお仕事をさせていただいておりました。

_MG_9760.jpg
 
 これが当時の写真です。懐かしい!!!
   インタビューしているのが赤尾選手ですね!
 隣にはなんと 現在の鹿児島ユナイテッドFC登尾GMも。
 
 でもこれまだ実は7年前のこと。
   もっと昔の様に感じますが、7年前九州リーグで戦っていたチーム ヴォルカ鹿児島
  さらには県リーグから成長したFC KAGOSHIMAが統合して鹿児島ユナイテッドFCになり
    現在J2リーグを戦っていることを考えると本当に凄いことだなと改めて感じます。

 厳密にいうと赤尾選手に初めてお会いしたのは 赤尾選手が鹿児島実業高校時代
  選手権で準優勝された時にラジオに出演していただいた時なのですが
   赤尾選手、田上選手とはこの九州リーグの時代から 取材や試合でお会いするようになりました。

 節目節目で思い出す JFL加入を決めた新潟新発田での地域決勝。
  大分や長崎に取材に出かけた全社。
  オウンゴールを上手くアナウンスできず叱られてへこんだ 新人スタジアムDJ時代。
  みんなで楽しんだ人狼ゲーム(笑)
  お互い涙しながら話をしたインタビュー。
  J3、J2昇格・・・
   
 そして今日 お二人をJ2の舞台でインタビューできる幸せをかみしめた訳です。
  
 話は戻りますが
  そんなライバルだったお二人は、JFL時代 キャプテン、副キャプテンとしてお互い協力し
   ヴォルカ鹿児島、FC KAGOHIMAから鹿児島ユナイテッドFCへと一つになった
     チームをまとめ上げました。
  いつしかライバルから大親友へ。
   その絆が毎年のように深くなるのを感じていました。
 
 よくシーズンが始まってすぐのタイミングで新加入の選手から
 「鹿児島は雰囲気がいいですね」とインタビューでお話をしていただくことがあるのですが
   田上選手、赤尾選手の雰囲気作りは大きいのではないかと思います。

  IMG_8389.jpg

 なにげなく撮影した写真なのですが
   お二人の歴史や絆を感じる表情のような気がするのです。
  
 九州リーグから鹿児島を牽引し続ける赤尾選手 田上選手と
  まだまだこの先の夢を共に見ていきたいのです。
   
 職は違えど 私もまだまだMCとして メディア人として
  この先も共に盛り上げていけるように・・・
   きばっていこう☆
 
  今週のSPORTS+は そんな感動あり そしてとんでもなく笑えるワチャワチャ感あり。 
   ぜひお聞きください☆
  5月31日㈮ 夜7時〜 FM鹿児島 「鹿児島スポーツ応援部SPROTS+」
   
 

  
posted by Macky at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記